TEL:0422-31-0838 Email:umatodai☆gmail.com(☆→@)

ごあいさつ

東大馬術部のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

昔は乗用や農耕を通して身近な存在だった馬も、今では競馬場や牧場などでしか見られない存在になってしまいました。馬は体が大きくて怖そう、落馬したら危険・・・そう思っている方も多いと思います。しかし、本来馬は賢く穏やかな動物です。人間が馬とのルールを守り、愛情を持って接していれば、大人しく振る舞います。

馬に乗るのは危険なことではなく、現在では健康的なスポーツとして勧められています。さぁ、あなたも馬に乗ってみませんか?

入部のご案内

大学で新しいことを始めてみませんか?

東大馬術部では、新入部員を随時募集しています。現在、部員は大学から馬術を始めた人ばかり。運動神経や経験に不安を感じている方も上級生やコーチ陣のサポートで上達できます。

あなたの入部を、部員一同心よりお待ちしております。

入部希望の方は、新歓用メールアドレス(umashinkan2017@gmail.com)までご連絡下さい。

馬術とは

大きく分けて、馬場馬術競技・障碍馬術競技・総合馬術競技に分かれます。

いずれも馬と乗り手の協調性と技量をはかる競技です。 オリンピック競技の中では唯一男女の別なく、女性でも男性と同等、またはそれ以上の活躍が望めます。

馬場馬術競技

例えるならば、人馬一体で演じるフィギュアスケート。 あらかじめ決められた運動内容(課目)を順番に、いかに正確に美しく演技できるかを競う競技です。

馬との信頼関係や、正確な扶助(馬への合図のこと)が要求される奥の深い競技です。

障碍飛越競技

コース上に置かれたさまざまな高さ・種類の障碍(しょうがい)を、 どれだけ反抗(馬が嫌がって障碍の前で飛ばずに止まってしまうこと)や 落下(障碍を壊すこと)なく回って来られるかを競う競技です。

落下数・反抗数によって減点され、同点の場合はタイムで順位を決定します。

総合馬術競技

上記の馬場、障碍に加え、山林を駆けるクロスカントリーまで1人馬でこなす、ハードな競技です。障碍物には飛び越えるものだけでなく、段差の飛び降りや急な斜面、更に馬が苦手としやすい水場なども含まれています。

近年の東大馬術部が注力している競技で、関東・全日本の学生大会で結果を残すのが大きな目標となっています。